Blog

06.さくらインターネットVPSを使ってみる。~PHPの環境を作って、不要なデーモンを停止する~


注意事項
サーバー管理については全くの素人が調べながら書いているので、セキュリティ的に脆弱な設定方法などが多々あると思われます。詳しい方は優しくご指摘いただけると幸いです。

さて、今度はPHPが動く環境を作ろうと思います。サーバーにsshで接続している前提で話を進めます。
今回も「yum」で簡単にインストールしてしまいましょう。「yum -y install install php php-mbstring」でインストールします。phpが本体で、php-mbstringがPHPで日本語文字を使うのに使用します。

1
yum -y install install php php-mbstring

インストールが完了したらWebサーバーを再起動します。

1
2
/etc/rc.d/init.d/httpd reload
eloading httpd:                                           [  OK  ]

本当にPHPが動いているかテスト用のファイルを置いて確認してみましょう。「emacs /var/www/html/index.php」でWebルートの配下に「index.php」を作ります。

1
emacs /var/www/html/index.php

内容は下記のように適当に作成します。ブラウザでIPアドレスを入力してアクセスすると作成したPHPの内容が表示されると思います。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
< ! DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>Hello world.</title>
</head>
<body>
  <h1><?php echo "Hello world."; ?></h1>
</body>
</html>

次に不要なデーモンを停止しましょう。貴重なメモリは効率よく使いたいので。現在のメモリの使用状況は「free」で確認します。

1
free

現在のデーモンの稼働状況は「service –status-all」で確認します。

1
service --status-all

色々なデーモンが動いていますね。さくらインターネットの中の人(社長)がこのデーモンはどういう意味で不要な物はこの辺りじゃない?っというのをブログに書いてくれているのでそれを参考にします。
さくらインターネットVPSでは、不要ではないか?という物は初期状態でほとんど無効になっています。
一つだけ「acpid」というデーモンが動いているのでこれを停止してみましょう。
「chkconfig acpid off」で起動時に「acpid」が動作しないようにします。あとは、「shutdown -r now」でサーバーを再起動します。一度sshが切断されるのでしばらくしてsshで接続してみてください。

1
2
chkconfig acpid off
shutdown -r now

起動してsshで接続したらサーバー側でデーモンの稼働状況を確認します。今度は、「acpid is stopped」となって停止している事が確認できます。

1
2
service --status-all
acpid is stopped

もう一度メモリーの使用状況を確認してみましょう。減っていますね。

1
free

今回は以上です。では、また。



This Post Has 0 Comments

Leave A Reply