Blog

05.さくらインターネットVPSを使ってみる。〜Webサーバーを作る〜


注意事項
サーバー管理については全くの素人が調べながら書いているので、セキュリティ的に脆弱な設定方法などが多々あると思われます。詳しい方は優しくご指摘いただけると幸いです。

さて今度はWebサーバーをたてます。サーバーにsshで接続している前提で話を進めます。
yumと言うコマンドで簡単にWebサーバーのインストールが行えるので今度はyumでインストールしてみます。「yum -y install httpd」と入力するとWebサーバーのインストールが行われます。yum -y install 【インストールするモノ】でインストールされます。オプションの「-y」は「確認ダイアログが出たら取りあえずyesで」っという意味?のようです。

1
yum -y install httpd

インストールが完了したら、Webサーバーのサービスを起動します。「/etc/rc.d/init.d/httpd start」と入力してEnterを押下すればサービスが起動されます。これでもうWebサーバーは取りあえず動きます。

1
2
/etc/rc.d/init.d/httpd start
Starting httpd:                                            [  OK  ]

本当にWebサーバーが動いているかテスト用のHTMLを置いて確認してみましょう。「emacs /var/www/html/index.html」でWebルートの配下に「index.html」を作ります。

1
emacs /var/www/html/index.html

内容は下記のように適当に作成します。ブラウザでIPアドレスを入力してアクセスすると作成したHTMLの内容が表示されると思います。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
< ! DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>Hello world.</title>
</head>
<body>
  <h1>Hello world!</h1>
</body>
</html>

これでWebサーバーは出来ましたが、最後に少しだけWebサーバーの設定を変更します。

1
emacs /etc/httpd/conf/httpd.conf

Webサーバーの設定を「ServerSignature Off」に変更します。こうすると、WebサーバーのApacheのバージョンとかが表に見えなくなるらしいです。

1
ServerSignature Off

そして、設定を反映する為にWebのサービスを再起動して完了です。

1
2
/etc/rc.d/init.d/httpd reload
eloading httpd:                                           [  OK  ]

今回はここまで。



This Post Has 0 Comments

Leave A Reply