Blog

Webページに自由に書き込めるBrowser Pencilを作った


Browser Pencil

久々にアプリ作りました!

Webサイトを作っていると「綺麗にデザインするのって本当に難しい」と感じる事がよくある。
デザイナーさんに見てもらって駄目だししてもらうと、「確かに!」ってなることもしばしば。
プログラマーでも、最低限のデザインが出来るようになりたい!もっと、デザイナーに気軽に駄目だししてもらいたい!

そこで、Webページに自由に書き込めてサクサクと駄目だししてもらうためのiPadアプリ「Browser Pencil」を作りました!

 

 

使い方はとってもシンプル。
デザインを修正したいWebサイトを検索します。
URLを直接入力してもいいし、キーワードで検索しても良い。

 

IMG_0014

 

後は自由に書き込むだけ!
ペンの色、太さも調整可能で自分好みのペンで書き込み可能。
Apple Pencilにも対応していて筆圧も自由自在。

 

IMG_0015

 

Webサイトに書き込むことに特化しているので、複数のページに素早く書き込みができるように調整しています。
無駄なタップは極限まで減らしています。

書き込んだWebページはDropbox、Evernote、Google Driveなどの外部サービスに書き出し可能!
他の人にも簡単に共有することができます。

 

IMG_0016

 

また、Safariで見ているWebページに「このページに書き込みたいな。」っと思ったらBrowser PencilにURLを共有。
後はBrowser Pencilを起動するだけで、共有されたURLが自動的に開くので書き込み開始。

 

IMG_0018

 

Browser Pencilは3枚まで無料で書き込み可能です。
4枚目からは有料ですが、ジャポ◯カ学習帳より少し高い、240円で枚数制限解除。
ジャポ◯カは60ページだけど、Browser Pencilはページ数が無制限!
ジャポ◯カは多種多様な方眼紙のサイズがあるけど、Browser PencilはWebサイトに直接書き込める!

っということで、アプリ自体は無料なのでご興味あれば試してみてください!

 



This Post Has 0 Comments

Leave A Reply