Blog

社員の皆様へ


teammate

世の中の多くの方が「社員」という形で会社に携わり、社会貢献に役立たれている事と思います。
毎日、労働に励み汗水たらして働かれていることと思います。お疲れ様です。

時には仕事が遅くなり日付が変わる頃に帰路に付かれることもあるでしょう。
「社員」という形で会社に携わっていれば少なからず会社や経営者への不満もあることでしょう。
私もかれこれ社会人になり16年の歳月が経ち、その内の14年は「社員」という形で会社に携わっていたので「ウチの経営者は・・・」っという不平不満の気持ちもよくわかっているつもりです。

しかし経営者は決して「一番偉い」訳ではありません。
以前にFacebookの方にも書きましたが会社とはひとつのチームだと考えています。
会社を運営するには経理、事務、営業、制作など複数の異なるスキルが必要です。
勿論、多才な人であればこれらの業務を全てこなせるでしょう。
しかしそんな多才な人間は極わずかで、殆どの人には難しいのが現実です。
私は過去にデザイナーという肩書きで仕事をしていた事があります。
なので、Photoshopの使い方くらいは分かりますが本物のデザイナーには遠く及びません。
経営していく上で経理業務も覚えました。決算書などの数字がある程度分かるのは経営者として重要なことですが、本物の経理のプロには遠く及びません。

「経営者」という経験は大変貴重な経験であり、今後の人生において必ず自分の糧になると確信しています。
人は自分の経験からでしか本当の意味でそれらを理解することはできないと聞いたことがあります。
だから「経営者」という経験は「経営者」になってみないと本当の意味で理解するのは難しいだろうと思います。
ならば「皆、一度 経営者になって経験してみればいい」っとは思いますが全員が全員「経営者」になる事もまた難しいでしょう。
そもそも「経営者」一人でできることはとても限らています。

だからこそ個々人が得意なスキルを持ち寄ってチームを作ります。それが「会社」です。
「経営者」はあくまでも「会社」の方向性を見極めながら舵を切り、会社をより良い方向にまとめるスキルをもった個々人です。

「じゃあ、なんで同じチームなのに経営者は社員より沢山の給与が貰えるんだ!みんな同じで良いじゃないか!」
そんな声も聞こえてきそうですが、私は皆が「同じリスク」を背負えるのであれば全社員給与一緒でも良いと思っています。
「経営者」は「社員」に比べて「大きなリスク」を背負っている事が多いのです。

もしも「我が社の社員として一緒に働きませんか?最初に100万円を納めていただく事になりますが。返金はできないかもしれませんが、利益が出たら均等に分配しましょう!」っと言われたら貴方ならどうしますか?
会社設立の当初に必要な資本金は多くの場合、経営者が個人資産を使っています。
もしかすると会社の利益が出なくて「経営者」の個人資産を使って給与を払っているかもしれません。
「リスク」を背負った人にはそれに見合った「リターン」があっても良いのではないか思います。

私みたいな高々二年の「ひよっこ経営者」がこんな事を思うのだから、きっと数人の社員を雇っている会社の「経営者」や、数億円の売上がある会社の「経営者」はもっと「大きなリスク」を背負っていると思うし、もっと色々な悩みを抱えている事でしょう。

「社員」の皆様も色々な不平不満があると思いますが、一度その思いの丈を「経営者」の人に話してみて欲しいのです。
同じチームメイトとしてどうやったら最高のチームを作れるか「経営者」と腹を割って話し合ってみて欲しいのです。
もしも、話し合っても最高のチームが作れそうに無ければ移籍(転職)して他のチームに行くのもいいでしょう。

私は最高のチームを作るために会社を作りましたが、きっと社員の皆様の「経営者」も創業当時は同じ事を考えていたはずです。
もしも現状が最高のチームとは程遠い状態であるならば、舵を誤った「経営者」の問題でもありますが、チーム全体の問題でもあります。

是非とも「社員」「経営者」の皆様には最高のチームを作るために色々と話し合っていただきたい。
少しでも多くの人が最高のチームで笑顔で仕事ができることを願って。



This Post Has 0 Comments

Leave A Reply