Blog

04.さくらインターネットVPSを使ってみる。〜emacsをインストール〜


注意事項
サーバー管理については全くの素人が調べながら書いているので、セキュリティ的に脆弱な設定方法などが多々あると思われます。詳しい方は優しくご指摘いただけると幸いです。

さてさて、怒濤の更新?を続けている今日この頃ですが、今日はサーバーにemacsというエディタをインストールしてみます。vi使いの方はスルーの方向で。

まずはいつもの様にsshで接続します。

1
ssh root@xxx.xxx.xxx.xxx -t 40022

「yum」と言われる何でも簡単にインストールできるコマンドがあるのですが、今回はあえてソースからコンパイルしてemacsをインストールしてみます。

まずはemacsのソースをサーバーにダウンロードします。「curl -O http://ftp.gnu.org/pub/gnu/emacs/emacs-23.2.tar.gz」と入力するとダウンロードが開始されます。curlはURL越しに色々な操作ができるコマンドの様です。

1
2
3
4
curl -O http://ftp.gnu.org/pub/gnu/emacs/emacs-23.2.tar.gz
% Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 44.6M  100 44.6M    0     0  1347k      0  0:00:33  0:00:33 --:--:-- 2931k

ダウンロードが完了したファイルは圧縮されているので解凍します。「tar xvfz emacs-23.2.tar.gz」で解凍を行い、解凍されたフォルダに「cd emacs-23.2」で移動します。

1
2
tar xvfz emacs-23.2.tar.gz
cd emacs-23.2

次に「./configure –without-x」と入力してEnterを押下します。configureはコンパイルする為のサーバーの各種情報を調べる様です。

1
./configure --without-x

さて今度は「make」コマンドでソースをコンパイルします。コンパルが完了したら「make install」でインストールを行います。

1
2
make
make install

最後に「emacs」と入力して下記の様なemacsのエディタ画面が表示されれば正常にインストールされています。emacsを終了するには「ctrl + x → ctrl + c」と入力します。

それではまた次回。



This Post Has 0 Comments

Leave A Reply