Blog

Visor Prism → CLIE → iPhone → Android そして。


その昔、Visor PrismというPDAを持っていた。
PDAの聖地「秋葉原のMobile Plaza」に足を運んでは色々なアクセサリーを購入した。
カラー液晶にビジネス向けのソフトウェアの数々。
PDAに魅了された僕は「きっと将来、皆がPDAを持って生活するのでは?」っと思っていた。
でも、一部のマニアだけでそれ以上広がる事は無かった。

2009071101

それから数年が経ち、あのソニーがPalm OSを搭載したPDA(CLIE)を発売した。(当時の僕はソニー信者(ソニーが大好き)でした)
デザインも格好良く、当時のデジタル系雑誌では大きく取り上げられていた。
勿論、直ぐに購入した。
ソニーはCLIE Plaza?なるソフトウェアダウンロード用の専用Webサイトを立ち上げ、色々なソフトウェアを提供した。
「今度こそは」と思っていたが、はやり広がりは一部のユーザーだけにとどまった。

2009071102

そして、去年の今日(2008年7月11日)iPhoneが発売された。
久々にデジタルガジェット熱に火がついた僕は発売日に購入した。
そして、昨日Androidを搭載したHT-03Aが発売された。
見えるはずの無いドアの向こうに新宿アルタが見えるのは、不思議であると同時に興奮した。

2009071105

iPhoneも発売されて1年が経過し、Androidも発売されインターネット携帯の時代に突入した。
iPhoneの売れ行きを聞くと順調に広がっている様に思えるが、まだまだ一般(父母やITに詳しくない人達)には広がっていない。
PrismもCLIEも単体機器としては良く出来ていたが、どこでもいつでもインターネットに繋がらない、それ単体で完結してしまうPDAは広がらなかった。
結局、人はインターネットというヴァーチャルの世界でも、人と人とのつながりを求めているんだと思う。
そういう意味でいつでもネットに繋がり、Twitterやmixiなどを介して人との繋がりを感じられるサービスを簡単に利用出来るiPhoneやAndroidは今までのPDAとは違うのかもしれません。
今始まったばかりのインターネット携帯時代に、ただただワクワクする今日この頃です。



This Post Has 2 Comments

  1. 英吉 より:

    ワクワクするよな!

    いい時代に産まれたぜ!

    が、3,4歳の子供がiPhoneでゲームしている姿を見ると、今の子供たちが僕らの年代になるころには、もっとワクワクするような未来が待っているんだろうなぁと思った今日この頃です。

  2. tochi より:

    >英吉さん
    3、4歳の子ども達が僕らの年代になった時、お爺ちゃんになった僕らも一緒にワクワクすれば良いと思いますよ。
    そんな歳の取り方が出来る様に、今から歩まねば。

Leave A Reply