Blog

OSXにAdobe Airとアプリのechoをインストールする方法


 Todo管理用のソフトでechoというAdobe Air上で動作するアプリが見て目も奇麗で面白うそうなのでインストールしてみました。実はインストールする時にかなり戸惑ったので手順を書いてみます。まずは実行環境のAirをインストールします。 これは、サイトからファイルをダウンロードしてインストーラーをダブルクリックするだけで何も考えなくてもインストールは終了します。Airは実行環境なので、「アプリケーション」フォルダにAirアプリがインストールされる訳ではありません。アンインストール用の実行ファイルが「アプリケーション>ユーティリティ」の下にインストールはされますが。 次にechoをインストールします。ここでSafariを使ってechoをダウンロードする場合には注意が必要です。まずはダウンロードページにいったら、ダウンロードボタンを右クリックして「リンク先のファイルをダウンロード」からダウンロードを行います。ダウンロードボタンを直接左クリックしてダウンロードした場合には、echoのファイルが自動解凍されるか何かで上手くインストールができませんでした。ここに気が付くのにかなりの時間を費やしました。。。Firefoxでは普通にダウンロードすればインストールできる状態の様です。

2008112701.jpg

 次にダウンロードしたファイルを見ると、「echo.air.zip」とファイル名がなっているのです。ファイル名から「.zip」を削除して「echo.air」とします。

2008112702.jpg

拡張子を変更したので、「.zip」「.air」のどちらの拡張子を使用するのかの確認ダイアログが表示されるので、「.airを使用する」を選択してください。

2008112703.jpg

 すると、echoのアイコンがAir用のアイコンに変わります。あとは、このアイコンをダブルクリックしてインストールを続けるとechoのインストールが完了します。

2008112704.jpg

 echoは見た目が美しいので、Todo管理なのに使っていて気持ちが良いです。あとは、期限ごとにTodoの並び替えが出来たりするともっと良いのですが、これは今後のバージョンアップに期待するということで。



This Post Has 0 Comments

Leave A Reply